シングルマザーとして働くために

07.03.13 / シングルマザー / Author: / Comments: (0)

様々な事情により、シングルマザーとして仕事と子育ての両立を図らざるを得なくなった方々にとって、看護婦として働き続けるのはなかなか大変です。ですが、そういった自分の状況を支援してくれるような看護婦求人が見つけられさえすれば、その「大変さ」も軽減出来るはずです。その支援内容としましては、病院内に託児所が完備されているであったりとか、子育ての状況に合わせて勤務シフトの融通が利く、といったようなことでしょう。シングルマザーとして働くということは、金銭的にも精神的にも大変になることが多いでしょう。大切なのは「今の自分の状況でも無理なく勤められる」。そういった看護婦求人を探すことではないでしょうか?



自分にとって最適な環境を選ぶ

今の看護婦求人の中には、そういったシングルマザーの方々を支援するような条件を挙げるものも少なくありません。昨今、医療現場での人員不足がいわれて久しい状況です。ですので、人材を求めている場所は多くあります。決して焦ることなく、自分がシングルマザーとして無理なく働ける環境の看護婦求人を探すことが大事でしょう。つまり、今の自分にとって一番時間を割くべきと思われるのは何なのか、それを見定めなくてはなりません。まだお子さんが小さい場合などは、子育てを優先事項として仕事先を選ぶ必要があるでしょう。また、子育てがひと段落していたり、また周りに子供の面倒をみてくれるような人がいる状況であったなら、仕事にかける時間の割合を増やすことも出来るでしょう。どちらにせよ、医療現場での仕事は体力を必要とします。決して無理をすることなく、自分の希望に最適と思われる看護婦求人を探すように心がけましょう。

復職を支援する教育係制度

07.03.13 / 教育係 / Author: / Comments: (0)

出産、子育てを経験したのち、「ママさん看護婦」の方々が仕事復帰を考える際に不安に感じる事。それは「しばらく現場から離れていたけど、大丈夫かしら?」といったようなものだと思います。どんな場合でも、しばらく身を置いていなかった場所に帰る時には、多かれ少なかれ同様の不安を覚えるものです。そういった「ママさん看護婦」の方々の復職を支援するために、看護師求人を募集する病院の多くでは「教育係制度」を導入しています。「教育係」という言葉だけ聞くと、新人さんの指導のためだけにあるような印象ですが、そうではなく中途採用の方が対象のものもあります。仕事と子育ての両立を考える方の数はどんどん増えています。そういった方々にスムーズに復職してもらうために、病院側もこういった制度を条件に挙げ、看護婦求人を募集しているのです。



教育係制度をポイントに復職先を選択する

看護婦求人の条件欄に「教育係制度」があることによって、復職をお考えの方々の不安は、きっと軽減されると思います。たとえば、新人としてその病院に勤め始めたなら、何か分からないことがあってもそれを聞くことにそれほど抵抗はないでしょう。しかし以前に何年か仕事経験があると、どうしても「そんなことも知らないの?」と言われたりしないかと、勝手に不安に感じて気後れしまいがちです。ですが「教育係制度」があることによって、そうした質問も気兼ねすることなく出来るようになるでしょう。看護婦求人を探す際には、この「教育係制度」をポイントにして選ぶというのも、賢い選択のうちの1つだと思います。

医療現場の人手不足解消のために

07.03.13 / 子育て支援(託児施設完備) / Author: / Comments: (0)

医療現場における人手不足の問題は深刻なもののようで、医療を求める側の数に対して、それを提供する側の人手が追いついていない、そんな現状があるようです。
そういった現状に対応すべく、病院側としても、仕事は続けたいが子育てもしたい、そんな「ママさん看護婦」を支援する体制を取っている所もあるようです。
「ママさん看護婦」の方々にとって何より頭の痛い問題が、仕事中の子供の世話です。
いつも親や親せきに預けるわけにもいきませんし、託児所に預けるにしても、自宅や勤務先の近くにそういった施設があるとは限りません。
これでは、せっかく復職を希望する「ママさん看護婦」さんも、「やっぱり無理かも」そういって看護婦求人を探すことを諦めてしまうでしょうし、それによってますます医療現場の人手不足が進行してしまうというわけなのです。
なので、そういう問題に対応すべく、看護婦求人の条件に、「病院内託児所」を挙げる病院もあるようです。

病院内託児所のメリット

病院内に託児所があることのメリットは、何といっても「何かあった時にすぐに駆けつけられる」点でしょう。
もしこれが電車で何駅も行った先の託児所では、「ママさん看護婦」の方々も安心して仕事に打ち込めません。
また、もしお子さんが病気などにかかってしまっても、何せそこは病院内なのですから安心です。
こうした条件のある看護婦求人の存在は、きっと多くの方々の復職を後押ししてくれることでしょう。
このような施設のある病院というのは、だんだん増えている傾向にあるようですので、看護婦求人を探す際にはよく条件の欄に注意して、自分の希望に合った復職先を探すようにしましょう。

ママさん看護婦のための復職支援研修

07.03.13 / 復職支援研修 / Author: / Comments: (0)

「ママさん看護婦」の方々の中には、結婚と同時に妊娠、出産、そして子育てと目まぐるしく時間が経ち、気が付けば仕事を離れてから10年くらい経っていた、なんて方も多いことでしょう。
そういった方が再び看護婦の仕事に就こうと看護婦求人を探す際に、不安に思われるのがブランクです。
日進月歩の医療技術に、今の自分が対応出来るのか?そう思われるのも当然でしょう。
ですが、そういった不安を解消するために、看護婦求人を呼びかけている病院の多くでは「復職支援セミナー」といったものを開き、復職支援の体制をとっているようです。
そこでは、同じようにブランクに対して不安を持つ看護婦の方々を対象にした研修が行われています。

ブランクはマイナス要素とは限らない

でも、「そんな研修くらいでブランクを埋められるの?」と、やはりまだ不安が拭いきれない方もいらっしゃることでしょう。
しかしこういう風にも考えられないでしょうか?あなたは出産や長期間に及ぶ子育てを経て、それまでの自分にはなかった多くの「経験」をしたはずです。
その「経験」は再び看護婦として仕事をする上で、きっとプラスになるはずです。
仕事を離れたことがマイナス要素であったとしても、それを上回る分の貴重な「経験」というプラス要素を得て、あなたは職場復帰するのです。
きっとそれはあなたの仕事を以前よりもレベルの高いものにしてくれるはずですし、看護婦求人を募集する病院などでも、きっとその「経験」に期待している部分もあるでしょう。
かならずしもブランクをマイナスと決めつけず、むしろそのブランク中に得た「経験」を武器と考え、以前よりもさらにあなたが輝けるような看護婦求人を、探してみてはいかがでしょうか?

医療現場で増えるママさん看護婦

07.03.13 / 最新の医療現場状況不安 / Author: / Comments: (0)

女性が多く活躍される看護の現場では、「結婚して出産を経て子育てがひと段落したら職場復帰をする」といった、いわゆる「ママさん看護婦」の方々の数も多いかと思われます。自分のやりたい仕事をすることで得られる満足感と、出産や子育てといった女性ならではの喜びのどちらともを味わいたい、そうお考えの方にとってはそれは当然の選択でしょう。そして今ではそういった考えの女性も多いようで、情報誌やウェブサイトなどでは「ママさん看護婦」を対象とした看護師求人も多く見られます。そういった看護婦求人の中には「託児所完備」という条件のものも多くあり、仕事と子育ての両立を目指す方々をサポートしようとする傾向にあるようです。

ママさん看護婦の不安

そういった「ママさん看護婦」の方々が職場復帰する際に不安に感じられる要素として、「ブランク」というものがあるかと思います。「ブランク」と一口にいっても様々で、たとえば体力的な意味での「ブランク」もあります。看護婦というのはやはり体力を使う仕事ですので、しばらく職場から離れていた自分が、はたして昔と同じように働くことが出来るのかどうか不安に思われるのも当然です。あと、現代の医療の進歩は目覚ましく、最新の医療現場についていけるかどうか不安に思われる方も少なくないでしょう。ですので、看護婦求人を探される時には、託児所といった条件と共に、そういった「ブランク」のある看護婦に対して研修のようなものがあるのかどうか、そういった部分も確認しておくべきでしょう。「ブランク」をすぐに復職の妨げとは考えずに、それに見合った看護婦求人を探されるのが良いと思います。